複数の方法で処分できる

>

良い方法を見つけて実践しよう

数千円で済ませることができる

行政に不用品の回収を任せた場合は、高くても数千円で済ませることができます。
同じものを業者に依頼した際は、数万円になる可能性があるので、かなり安く感じますね。
安く済ませることを優先している人には、行政に依頼するのがおすすめです。
行政に依頼する際は、まず連絡をします。
それからコンビニなどに行って、手数料を支払ってください。

手数料を支払うとシールがもらえるので、不用品のわかりやすい位置に貼ってください。
シールが剥がれないよう、しっかり貼りましょう。
手数料をきちんと支払ったという証拠になるので、シールがないと回収してもらえません。
シールを貼ったら、回収してくれる日時に決められた場所へ持って行きましょう。

事前に日時を確認しておこう

料金が安いのは嬉しいですが、不用品を回収する日時を自分で選択できない部分がデメリットです。
前もって確認しておかないと、2週間近く待たなければいけなくなります。
部屋の片づけをした時に、不用品が出てくることが多いです。
片づけをする前に、回収する日を調べてください。
すると計画を立てられます。
不用品を回収する日がずっと先だったら、少し片づけるのを待つのも良いかもしれませんね。

ずっと不用品があると、邪魔に感じます。
また回収する場所も決められているので、どこなのか確認してください。
住んでいる地区によって、回収場所が異なります。
間違えないように注意しましょう。
場所を間違えていると、回収されず不用品がそのままになります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑